法律は弱い者の味方では無く、知っている者の味方なのです

日本は法治国家です。 全ての決定や判断は法律に基づいて行われています。 法治国家(ほうちこっか、独: Rechtsstaat、仏: État de droit)とは、その基本的性格が変更不可能である恒久的な法体系によって、その権力を拘束されている国家。近代ドイツ法学に由来する概念であり、国家におけるすべての決定や判断は、国家が定めた法律に基づいて行うとされる。 引用元:ウィキベ…

続きを読む

建前だけの『腰痛予防検診』は無意味なのに強制させられる理由

介護職員の職業病のひとつとして 『腰痛』があります。 腰痛にならないように予防したり 対策をされているでしょうが、 既に腰痛になってしまっている人も 少なくないかと思います。 それだけ介護現場は身体(特に腰)に 負担が掛かる仕事です。 以前の記事で書きましたが、 『正しい介護技術があれば腰痛にならないという間違った認識』 をされている人はいないでしょうが、…

続きを読む

『子ども食堂』が本当の意味でライフラインでありますように

今回の記事は高齢者介護についてではなく 『子ども食堂』について考えてみたいと思います。 ◆こども食堂とは 2年ほど前にニュース等で見て とても気になっていた『子ども食堂』 その時の子ども食堂の在り方は、 ・貧困で満足な食事が摂れない子供に温かい食事を提供する。 ・料金は無料でボランティアや寄付で賄われる。 というものでした。 主催するのはNPO法…

続きを読む

介護職員のセーフティネット情報

介護職の処遇改善を訴えるのに 個人の希望や発言力では到底叶う(敵う)ことはありません。 組織や団体、組合等に加入したり組織したりして 団結してひとつの意見や要望を上申、嘆願し交渉する というのが定石です。 そこで、我々介護職員の セーフティネットと呼ばれるものが存在するのか、 と思い立ちインターネットで 『介護職員 セーフティネット』 で検索してみました。 …

続きを読む

ストレスチェックを受けさせられるストレス

ストレスチェック制度 平成27年12月より施行のストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。 (厚生労働省) 介護業界に限らず、 平成27年から従業員50名以上の事業…

続きを読む

(スポンサーリンク)