クレーマー家族の利用者より理解のある家族の利用者を大切にしよう

「クレームは宝の山」 という言葉もありますが、本当に宝だと思うのはごく一握りで残りの多くは権利者意識を振りかざすだけで 「現場の介護職員を追い詰めるもの」 でしかありません。 家族とやり取りをする連絡帳の「筆圧」にまでクレームを入れてくる始末です。 もうそこまで来ると怒りや悲しみややるせなさを通り越して「おくちポカーン」です。 【参考記事】 『本物のクレーマーは…

続きを読む

「現場経験の浅い人が介護事業所の経営者」になると色々悲惨な3つの理由

どの業種であっても、経験の浅い人が経営している会社は色々な意味で悲惨なのですが 「そもそも介護業界ほど現場経験の浅い経営者がいる業種は類を見ない」 という印象があります。 ヘルパー経験の無い人が訪問介護事業所を経営していたり、介護現場を知らない人が介護施設を経営していたりします。 1年でも経験があればマシな方で、1ヶ月どころか聞きかじった程度の経営者が多数存在しています。 …

続きを読む

「法に依って人に依らざれ」という釈尊の格言から読み取る介護業界のカリスマの可否

誤解の無いように最初に申し上げておきますが当ブログは 「仏教ブログ」 「宗教勧誘ブログ」 ではありません。 「宗教」と言うと嫌悪感を示したり、生理的に受け付けない、という人もいらっしゃるかと思います。 しかし格言として、人の道しるべとして、共感したり勉強になる部分もありますので、介護業界に絡めてご紹介したいと思います。 どちらにしても、この記事は「宗教」を肯定する…

続きを読む

介護業界でスーツを着ている人はどんな人?現場には入るの?

介護業界に入ってからは、スーツを着ることがほぼ皆無になりました。 思い返してみれば最近スーツを着た記憶は ・服装がフォーマルに指定されている研修 ・施設内の式典で表舞台に立つ役割をした時 ・入社面接の時 の3つしか思い出せません。 そもそも研修自体あまり行っていないのと、式典に参加することもなくなったのと、入社面接は約7年前が最後なので 「ここ数年間、スーツを着てい…

続きを読む

「介護はクリエイティブな仕事だ」と言われることで感じる違和感

介護の仕事を総括すると 「利用者の生活や自立を支援する創造的でクリエイティブな仕事だ」 と言う人もいます。 確かにそう言い換えることで介護職員の専門性が一段上がるように感じます。 「生活クリエイター」 「自立支援クリエイター」 介護職員の呼び名がそう変われば、あたかもクリエイティブな芸術家のような専門性を感じます。 しかしどうしても違和感を感じてしまう部分が…

続きを読む

介護業界の闇Comment (0)

「綺麗ごとばかりの研修」でも会社から打診があれば受講した方が良い理由

介護業界には民間資格も含め様々な資格や研修が存在します。 【参考記事】 『民間資格が異常に多い介護業界の闇と改善策』 ◆今までの介護業界の資格と研修 現在の大筋の資格と研修は ・初任者研修 ・実務者研修 ・介護福祉士国家資格 の3つになろうかと思います。 介護職員として働いている場合、「介護福祉士国家資格がほぼゴール」と言える最高潮の資格でした。 …

続きを読む

介護現場における「男尊女卑」の実情

昔は「男尊女卑」という考え方がありましたが、「男女平等」が叫ばれて久しく倫理観や法律の整備も行われ、女性の社会進出も格段に進んできました。 しかし、介護現場には未だ「男尊女卑」の思考が根強く残っています。 元々、「介護は女性がするもの」という風潮があったので、女性社会となっており「女性の方が強い」という逆差別意識も払拭できませんが 「介護現場は男尊女卑と女尊男卑が混在するカオス…

続きを読む

【2035年には介護士79万人不足】「益々介護士の価値が高まる」という虚像のイメージアップ大作戦

経済産業省(経産省)が2035年には介護士が79万人不足するという試算を出しました。 介護に携わる人材の不足が、2035年に15年の約20倍の79万人に達することが7日、分かった。高齢化の進展に加え、政府が目指す介護離職解消の過程でサービスの需要が急増するため。人材不足解消に向け、高齢者の社会参加を促して要介護とならないための予防や、介護分野に就労しやすい環境整備が急務となる。 …

続きを読む

介護施設における「介護職員VS看護師」の構図と、そうなってしまう原因をわかりやすく解説します

介護施設は基本的に日常生活の延長線上の「自立支援」にあるので、「被介護者」と「介護者」がメインになります。 「被介護者」=「利用者」 「介護者」=「介護職員」 ということになります。 病院などの医療機関とは違い「治療を目的としていない」という点で、介護施設の花形選手は「介護職員」であると言えます。 【参考記事】 『介護職は花形選手であるべき』 介護施設の中に…

続きを読む

介護業界における「ブラック事業所」の定義を主観で決めちゃいます

介護業界には「ブラック事業所」が多く存在しています。 事業所個々の問題もありますが 「石を投げればブラックに当たる」 という時点で 「介護業界全体がブラック臭がする」 と言えます。 ◆ブラック企業の定義は? そもそも「ブラック」の定義とはなんなのでしょうか。 ・低賃金や賃金未払い ・過重労働 ・サービス残業 ・劣悪な人間関係 などが…

続きを読む

(スポンサーリンク)