介護職員だからと言って「いつでも」下(しも)の世話が出来るというわけではない

3大介護は ・食事 ・排泄 ・入浴 になります。 もちろん、それだけをしていればいいというわけでもなく、最近では 「心身の状態に合わせた介護をしなさい」 という方針になっています。 他にも書類仕事やパソコン業務など、多岐に渡るわけですが、「プロの介護職員」ならば業務上オールマイティにこなす必要があります。 もちろん得手不得手や個々の突出した専門分野がある場合…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

社会不適合者の介護職員は沢山いるが結局は「それを許している上司が問題」

実は介護職員の中には想像以上に「社会不適合者」が存在します。 いやそれはひょっとしたら「想像通り」なのかもしれません。 今まで何度も記事に書いてきた「サイコパス職員」や「キラキラ職員」も、そのうちの一人になりますが、他にも多数の奇人変人が存在します。 ◆社会不適合者とは 社会不適合者とは、一般社会の要求に応えて生活することが困難な者のことである。 …

続きを読む

日本一健康寿命が長い県は?そして「介護職員の健康寿命は長いのか?短いのか?」

日本人の平均寿命は年々伸びているようですが、ただ単純に生きている年数よりも「健康寿命」がどれだけ伸ばせるか、ということの方が重要です。 我々介護職員はその職業柄、夜勤などの不規則勤務をこなし、入浴や移乗などの重労働を行っており、健康や寿命に対しては反逆的なことをしている職業という印象があります。 今回は健康寿命について考察していきたいと思います。 ◆健康寿命とは…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

今後も退職者が止まらない、そして「辞める辞める詐欺」再び

先日、介護課長に再び「時間を作って欲しい」と言われました。 今後の職員のユニット編成(異動)や利用者の割り振りなどの説明があったわけですが 「まだ仮確定だし、リーダーにしか伝えていないので口外しないで欲しい」 と言われたので今日はそのことについては触れません。 しかし、いつまでも下の人間に隠しておく必要もないし、逆にそういう隠蔽体質なやり方に嫌悪感を抱いている職員も少なか…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

このままでは有給休暇が無くなってしまう「恐怖」

介護業界で働いている人からはよく 「有給休暇が消化できない」 「なかなか有給休暇を使わせてもらえない」 「人員不足なので有給休暇を使いづらい」 などという声をよく聞きます。 使わなかった(消化)有給休暇は「消滅時効」によって消えてしまい無かったものとされてしまいます。 「権利を失ってしまう」 ということはもったいなくもあり、一種の「恐怖」でもあります。 …

続きを読む

介護施設のワンオペ夜勤は「夜明け前が一番暗い」と言えるのか

介護施設でのワンオペ夜勤の過酷さは今までも色々書いてきましたが、平常の流れの中で共通して言えるのは 「朝の離床介助の時間が一番過酷」 ということです。 もちろん介助自体の重労働もありますが、利用者が活動を始め出す時間帯になるので、アクシデントが発生しやすい時間帯とも言えます。 夜勤者もその時間帯には既に勤務を開始して12時間以上が経過しているので疲労もピークになる頃です。…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

睡眠を邪魔する憎いあいつ達

私は介護職員なので不規則勤務のため、睡眠するのは夜だけとは限りません。 夜勤前や夜勤明けで昼間に睡眠を取る時も多々あります。 一般の人達とは睡眠を取る時間帯が異なってくるために、睡眠を妨害されることも少なくありません。 ◆昼間にありがちな睡眠妨害 堂々の第1位はやはり「騒音」です。 騒音の中でも ・工事現場の音 ・選挙カーの音 は爆音で…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

介護施設のシフトで「早出出勤」がつらい4つの理由

介護施設の勤務体制には、早出や遅出や夜勤などがありますが、今回は「早出出勤」について考察したいと思います。 私の事業所では早出出勤は午前7時から午後4時までの勤務となります。 早く出勤して早く退勤できる勤務形態になるので、職員によって好き嫌いが分かれます。 早寝早起きの習慣がある人にとっては働きやすい勤務時間になります。 そういう意味で、ある程度の年齢(50歳代以上)…

続きを読む

【介護施設の真実】翌月の勤務表の完成が遅い6つの理由

介護施設は24時間体制で介護職員が勤務しているため、勤務表はシフト制になります。 勤務時間は施設によってまちまちですが基本的に ・早出 ・日勤 ・遅出 ・夜勤 となります。 私の施設だけかもしれませんが、私が入職した時から 「翌月の勤務表の完成が遅い」 という状況でした。 毎月25日になっても完成しておらず、翌月の予定も入れられません。 同じ思いをし…

続きを読む

介護職員が本音を漏らしにくい「3つの理由」

最近ではネットが発達し、SNSやTwitterや匿名掲示板などで ・介護職員の現状 ・介護職員の悲痛な訴え ・介護職員の生の声 などが見られるようになってきました。 しかし、それでもまだまだ少ない方だと感じます。 そう感じるほど、介護業界の闇は深く問題を多く抱えているからです。 何故、まだまだ核心をえぐった意見や訴えが少ないのかを考察していきたいと思います。 …

続きを読む

(スポンサーリンク)