何度もトイレに行きたがる利用者に悩まされることの多い介護職員「頻尿と多尿の違い」

publicdomainq-0018017ckj.jpg

介護の仕事をしているとよく聞くのが
「頻尿の利用者の対応が困る」
という悩みがあります。

「トイレくらい行きたい時に行かせてあげてよ」
と思うかもしれませんが、介護施設であっても24時間付きっきりの介護ができない以上、頻尿の利用者の対応に苦慮することが多いのも事実です。

介護施設は24時間体制ですが、それは
「1人の利用者に24時間付き添える」
という意味ではありません。

「約20人の利用者を24時間介護している」
という意味になります。

ですから、人員不足であればあるほど、介護の量は薄まります

濃度の薄い介護現場であるが故に
「いつなんどきでも利用者のトイレの訴えに対応できるとは限らない」
というのが現状になります。



◆「頻尿」の利用者とは

illustrain10-kaigo24.png

頻尿とはどういう症状のことを言うのでしょうか。

おしっこが近い、回数が多い症状を「頻尿(ひんにょう)」といいます。
通常、朝起きてから夜寝るまでの間に8回以上排尿する状態を頻尿といいますが、排尿回数は人それぞれですので、8回以下の排尿でもご自分で排尿回数が多いと思えば頻尿といえます。1回の排尿量は多い場合も少ない場合もあります。

【引用元】五本木クリニック


起きてから寝るまでに8回以上排尿をする状態を頻尿と言うようです。
1回の排尿量は多い場合も少ない場合もあります。

1時間に1回「トイレに行きたい」という訴えがあれば頻尿と言えますが、利用者の中には、10分15分間隔でトイレの訴えをする利用者もいます。

「行きたいのだから行かせてあげたい」
と思いトイレへ誘導すると
「チョロチョロ…」
とおしっこをして終わりの場合もあります。

もしくは「全く出ない」ということも往々にしてあります。

そしてそれが繰り返されると
「トイレはさっき行きました!」
と語調が強くなってしまう介護職員もいます。

利用者は尿意があるから行きたいし、介護職員は付きっきりできないから何度も行かせてあげれずイライラしてしまう、というお互い不幸な環境になってしまいます。

でも確かに、10分置きにトイレへ誘導するというのは相当気が滅入ってしまうのもわかります。
だって「終わりがない」のです。

あと何回トイレへ行けばしばらく落ち着くとか、利用者に満足してもらえる、ということはありません。
利用者にとっては「訴えた時にトイレに連れていってもらえるのが幸せ」なのであり、エンドレス状態なのです。

こういう著しい頻尿の場合は、何か他の病気が疑われます。
その代表的な病気は「膀胱炎」になりますが、尿検査をしても特に陽性反応がなければそのまま様子観察となります。

「高齢の利用者に精密検査を受けさせて原因を特定して治療する」
という判断は多くの家族はしません。

「施設に預けているんだし、自分が介護をするわけでもないし、命に別状がないならこのまま様子を見て欲しい」
という結論が往々にして行われます。

それが故に、多くの介護施設では今も尚多くの「頻尿の利用者」が存在します。



(スポンサーリンク)




◆「多尿」の利用者とは

illustrain10-kaigo25.png

「頻尿」と聞くとトイレの訴えが多くて誘導しても「チョロチョロ…」というパターンが多いイメージがあるのですが、その中でも「多尿」の人が存在します。

おしっこの量が多い状態を「多尿(たにょう)」といいます。1日の尿量が3000ml以上に増えた場合に疾患を疑います。
健康な成人の尿量は、個人差はありますが、だいたい1000ml~2000ml程度です。多尿では、おしっこの回数が多い頻尿と同様にトイレが近くなるので、患者さんの感覚としては多尿と頻尿の区別が難しい場合もあり、1日の尿量をためる(蓄尿)ことで多尿と診断されます。他の症状としては、口の渇きがあり、多く水分をとることで多尿となります。

【引用元】五本木クリニック


1日の尿量が3000ml以上の場合「多尿(症)」と言うようです。

この場合、トイレへ誘導するたびに「ジャァァ~~」とおしっこが多量に出ます。

「さっき行ったばっかりなのにまだこんなに出るのか」
「これだけ出るならトイレに行きたいよな」

という風に納得もしてしまいます。

もちろん、少ししか出ない人も「尿意」があるので、トイレへ連れて行ってあげたいのですが、尿量の違いで受け止め方も変わってしまいがちです。

多尿の場合の代表的な病気は「糖尿病」などになりますが、既に既往歴や現病歴で糖尿病である場合もありますし、そうでなくてもやはり精密検査までされないことが多く「経過観察」となります。

つまり
「多尿=頻尿」
「頻尿≠多尿」

ということになります。



◆頻尿の利用者への対応の現状

20160802_1733440.png

頻尿の利用者とは、よく目が合います。
常にトイレに行きたい気持ちがあるから職員を呼び止めようと目で追っているからだと思います。

そこで
「おトイレですか?」
と声を掛けると
「トイレ行きたい」
と答えることでしょう。

それが10分置きともなると、だんだん介護職員も声を掛けなくなります。
視線を逸らせようとします。
「トイレ」と言われても「さっき行きましたよ」と言うようになります。

正直、それが生の介護現場の現実になります。

「職員の態度や声掛けの仕方が悪いから頻尿になっている」
とまで言う聖人君子のような講師や洗脳された業界人もいます。

確かに気を紛らわすために他のことをしてもらったり、レクに参加してもらうことで急に排尿の訴えを言わなくなる利用者もいます。

もうその辺の塩梅は、プロである介護職員に任せて
「訴えているのにトイレ誘導しないのはネグレストだ」
「「ちょっと待って下さい」というのはスピーチロックだ」
「対応の悪い介護職員だ」

などと言わず柔軟な対応に任せて頂きたいところです。

何故なら
・人員を補充するわけでもなく
・病院を受診して精密検査を受けて根本治療をするでもなく
・サービス担当者会議を行っても良い結論が出るわけでもなく
「結局は介護職員が都度対応するしかない」

という結論しか出せない事業所が多いからです。

「今いる人員」と「置かれている環境」と「与えられている業務範囲」の中で介護職員は精一杯やっているのです。



にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



介護職員ランキング



この記事へのコメント

  • MASK

    ほんとにそうですよね・・。
    だったら、「ちょっと待って」って言わせない状況作るために、
    その人の専属職員入れて下さいよって思います。

    転倒リスクある方が何人も居るのに、"必ず付き添って下さい"なんて無理だし。
    言葉遣いや態度が悪いって言う前に、
    現場の状況見てから言ってって思いますね。
    何回もトイレ行かれたり、何回も同じ事聞かれたり、
    日勤帯はまだ他の職員が居るから何とかなりますけど、
    夜勤は一人だから、段々イライラしてきます。



    2018年05月14日 16:33
  • 現役保険営業マン

    こんばんは。

    頻尿の原因となる病の一つに、前立腺肥大症があります。これは高齢男性に限られますが、利用者の中にも、この病気を抱えている人はかなりの確率でいるのではないかと思います。
    2018年05月14日 19:45
  • 山嵐



    >MASKさん

    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^

    そうですね、環境整備や人員確保が十分に出来た上で言って欲しいですね。
    現状では空想理論に過ぎません。
    2018年05月15日 10:44
  • 山嵐



    >現役保険営業マンさん

    こんにちは~
    コメントありがとうございます^^

    そうですね、男性特有の前立腺肥大の人は多いでしょうね。
    高齢でなくとも、中年くらいから頻尿症状が出る人も少なくないですね。
    2018年05月15日 10:55
(スポンサーリンク)