実は外国人介護士を受け入れる制度に胸騒ぎがしています

free-illustration-ojiisan-kurumaisu-irasutoya.jpg

介護業界において人材不足は深刻です。
当ブログでも何度もその点については書いてきましたが、国からは未だ芯を食った改善策は出ていません。

『外国人介護士』を受け入れ、雇い入れる策が精一杯といったところでしょうか。



◆外国人介護士の受け入れについて

賛否両論ありますが、
・国内では介護士が集まらないので外国から雇い入れよう
・ベトナムや中国などの発展途上国から招き入れよう

という安易な思惑が見え隠れするので、
『結局は日本人介護士も外国人介護士も安い人件費で使ってやろう』
という印象しか受けません。

もっと言えば、
招き入れている外国人が『発展途上国』ばかりという所に悪意さえ感じます。

先進国や西洋人に目を向けないのは何故でしょうか?
・日本人も東洋人なので利用者にとって外見の違和感が少ない
・そもそも先進国の人や西洋人は日本で介護士になろうなどとは思わないので集まらない


外見の問題はわからなくもないですが、2つ目の理由は大問題です。

言い換えると、
『先進国の人や西洋人にとっては、日本の介護の仕事は魅力がない』
ということになります。

国は魅力のない仕事を斡旋しているのです。
まずは、『介護士』を魅力のある仕事に改善する事の方が先ではないでしょうか。

【参考記事】
【外国人技能実習制度】介護業界に外国人を受け入れる事で業界は良くなるか?



◆人材が増えれば出来ることも増える

よく、
「今、出来ていないことは人員が増えても出来ない」
と言われることがあります。

しかしそんなことはありません。

・利用者一人一人に接する時間が多くなります
・関わる時間が増えればケアの質も上がります
・気持ちや心や時間に余裕のある介護が出来ます
・残業が無くなりワークライフバランスが正常に保てます
・業務を分担したり協力して行うことが出来ます
・書類仕事に専念出来ます
・介護事故や事件が減ります


職員が幸せになれば利用者も幸せになる理論
のような良い循環が出来ます。

「人員が増えても何も変わらない、出来ない」
などと言っている人は、
・現状で特に何もしているわけではない人
・人員が増えた時の可能性を想像できない発想の乏しい人
・人員が増えても今の自分の殻に閉じこもって働きたい人
・現状の人員で更に現場職員の業務負担を増やしたいと思っている人
・現場職員の『犠牲という名の神輿』の上に乗って担がれたい人

に違いありません。

人員が増えれば、出来る事も増えるのです。







◆外国人介護士の今後

現在、国が斡旋中で、
既に勤務に就いている外国人介護士もいることと思います。

私の施設はまだですが、
来年から受け入れる予定があると聞いています。

現状で、外国人介護士についての悪い噂や評判やネガティブな情報は聞きません。

「国籍よりも、仕事をちゃんとやってくれたら十分」
なのは間違いないですが、
当然外国人も我々と同じ人間です。

感情もあれば生活もあります。

知れば知るほど、
長く続ければ続けるほど、
暗黒のネガティブなものに支配されてしまう類いまれなる業界が介護業界なのです。

現状で日本人介護士からは様々な悲痛な叫びや訴えが聞かれています。
ニュースや報道でも介護現場での事件が後を絶ちません。

同じ人間である以上、
避けては通れぬ介護業界の環境や待遇の中で、
彼ら彼女らは
・感情を排除した無機質なロボットかマシンのような心
・日本人よりも強い忍耐と腰
・介護の仕事より良い仕事が見当たらない
・自分の将来像が見えないまま働く恐怖に打ち勝つ

という状況があり得るでしょうか。

『国籍は関係なく、人員を確保でき、業務をそつなくこなしてくれれば何の問題もない』
という反面、
根本的な問題を解決せずに、
日本人介護士をおざなりにしたまま安易に発展途上国の外国人を受け入れるという制度に悪意を感じ、胸騒ぎがしています。


ランキングに参加しています。
記事の内容が「面白かった」と思って下さった人はポチリお願いします^^

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
●にほんブログ村
・介護部門 5位
・介護職部門 1位
・介護施設部門 1位
・介護サービス部門 1位
(2017年11月19日現在)

大変恐縮ですが、こちらも応援して下さい。

●人気ブログランキング
・介護施設部門 2位
・介護職員部門 1位
・高齢者介護部門 1位
・ライフスタイル(全般)部門 3位
(2017年11月19日現在)

この記事へのコメント

  • りょはーゆ

    はじめまして。看護学生しているりょはーゆと申します。
    すごく納得しました。実習に介護施設にいかせていただきましたが、人の世話をする、関わる仕事って、もっと評価されてもいい分野だと思います。
    超高齢化に伴う介護時代ですし、もっと仕事を細分化してもいいと思います、が、やっぱり人がいないからそれもできないんですよね。

    看護も介護もその人のことを考え、想っているのは同じですよね。
    だからこそ労働環境も一日も早く改善してほしいと切に願います。
    2017年11月19日 12:25
  • 山嵐

    >りょはーゆさん

    はじめまして、こんにちは~
    コメントありがとうございます^^

    そうですね、労働環境は本当に大切です。
    看護師は介護士よりも給料面での処遇は良いですが、それでもまだまだ少ないと私は思います。
    ただ、そういった収入面は労働環境の中で『割に合うか、合わないか』というバランスが重要なのだと思います。

    看護師資格取得、頑張って下さい^^
    2017年11月19日 12:44