介護施設という小さな世界で激動の人間関係と退職者続出

pawahara_man.png

私個人の現状として
仕事で目標を見失っている理由とは?
の記事に書きましたように
キャリアパスも見込めず、目標を見失っている状況です。

しかし目標がないことが退職する理由にはなりませんので、フワフワと働いているわけですが、
昨日、施設ケアマネ兼看護課長兼相談員課長に
「待たせてごめんな、もうじきポストが空くからね」
と言われました。

「へ?どういうことですか?」
と聞くと
「私、もう辞めるわ」
と内緒の話をされました。

施設でナンバー3とも言われているその人物が辞めるなんてよっぽどのことです。
また気が変わるっていうこともあるでしょうから半信半疑で聞いていましたが、理由は
敬老祝賀会は職員の犠牲の上に成り立っている
の記事で書いた施設トップの幹部からのパワハラが原因とのことです。

事務所で2時間の説教をされている最中に、
看護師である課長は利用者の対応の為にその場を抜けたのですが、
それに対して
「逃げたんか!戻ってこい!」
等の罵詈雑言を言われたようです。

利用者の幸せの追求は一体どこにいってしまったのでしょうか。



◆介護施設という小さな世界

冷静に落ち着いて考えてみれば、
自分の事業所や職場なんて
宇宙から見れば針の先にも満たないちっぽけな世界です。

そんな小さな世界で
様々な人間関係があり
嫌な思いをしたり感情が揺さぶられたり
激動の環境が存在します。

自分が働いている以上、
その小さな世界は大きな世界と錯覚し、
『自分のほぼ全て』
と成り得るのです。

そして当然、自分がパワハラのターゲットにされれば
一瞬で嫌になって辞めたくなってしまうのは
人間の当然の感情といえましょう。

これは私が今冷静だから言えることであって、
もしも私がパワハラのターゲットにされていたら
同じセリフが言えるかはわかりませんが、
今の職場が
『自分の人生の全てではない』
ということはここに明記しておきたいと思います。







◆他にも退職者が続出する泥船

今回の件とは関係なく、
個人的な事情で退職する職員を二人知っています。

そして、ナンバー3の看護課長が退職するとなると
『看護師もほぼ全員続いて退職する意思がある』
と聞いています。

それぞれにも生活があるでしょうから
すぐどうこうではないのでしょうが、
看護課長が今まで担ってきた業務や
職務上の負担がそれほど大きかったということです。

誰もそれを引き継ぐ覚悟のある看護師はいません。
覚悟を決めて引き継いだとしても、
次のパワハラ被害のターゲットにされるのが
目に見えているから誰もやりたがりません。

看護師がいなくなってしまうと
加算どころか施設運営は成り立たず
規模を縮小するか最悪は閉鎖せざるを得ないでしょう。

そうなってくると
うちの施設は『泥船』です。

やがて沈没するのを待つばかりとなり、
他の職員も「我先に」
退職ラッシュが起こることが想像できます。

これは事実上の倒産と言えましょう。
人を大切に出来ない介護施設の成れの果てです。



◆そんな状況では喜べない

そんな泥船予想が容易な状況で
「お待たせしました。施設ケアマネどうぞ!」
と言われても素直に喜べるわけがありません。

今度は私がパワハラ被害に遭うかもしれませんし、
沈んでいく泥船の人柱となり
一緒に沈んでいってしまうかもしれません。

そもそも、教えてくれる上司や先輩がいないのに
いきなり1人で施設ケアマネは無理です。

いつも急で極端で
経営者や幹部の無能さに辟易します。



◆じっくりと状況を見極める

激動の渦中にありますが、
そのひとつひとつを冷静に見極め、
今後の展開を鋭くリサーチしていく必要があります。

幹部も看護課長も女性ですから
まだ両者が感情的な状態です。

上記に書いたリスクや損害を考えれば
どちらかが、
若しくは両方が、
折れて妥協するというのがベストのように思います。

いや、もちろん、一番ベストなのは、
パワハラ幹部の更迭ですが、
それは同族経営の社会福祉法人では
最も解決が困難な事象なのです。

今後の展開をじっくり経過観察していきたいと思います。


ランキングに参加しています。
1日1回応援ポチリをして頂けたら益々頑張ります!

にほんブログ村 介護ブログへ
●にほんブログ村
・介護部門 33位
・介護職部門 2位
・介護施設部門 5位
・介護サービス部門 2位
(2017年9月22日現在)


●人気ブログランキング
・介護施設部門 2位
・介護職員部門 3位
・高齢者介護部門 5位
・ライフスタイル(全般)部門 41位
(2017年9月22日現在)



この記事へのコメント

  • デイちゃん

    そうなんですか。ついにきましたね。崩壊の時。
    ここはものすごく頭を使って、情報を収集し、うまく立ち回らないといけませんね。

    看護師兼ケアマネとなると、年齢が高くても、どこでも就職はあるので、その方はやめてしまうかも。
    最近、サ高住とかたくさんできてるし、有料やグルホの管理者とか、いくらでもありそう。名前だけ貸す感じのデイとか。(笑)
    どこも看護師がいませんからね。

    でも今まで防波堤であった課長がいなくなったら、その人があびていた嵐を今度は自分があびる可能性が高くなります。
    なので、いつでも逃げれるように、転職先は探し始めたほうがよいかもしれませんね。

    職員のほとんどがやめて営業不能になることを知ったら、幹部がその原因を聞いて、そのパワハラばあさんがリストラされるかもしれませんが・・・。
    そういう裸の王様は、最後、誰もいなくなっても、自分はやめず、大声でわめいてる可能性がでかいものです。
    泥舟が沈む前に、救命ボートで脱出してくださいね。
    2017年09月22日 11:17
  • 山嵐

    >デイちゃんさん
    そうですね、おっしゃる通りです。
    パワハラばあさんは理事長の娘なのでリストラされないでしょうが、一人で大声でわめいているというのは正解でしょうね。
    勤続15年クラスの職員さえもいとも簡単に攻撃され辞めていく状況は『異常』な世界だと言わずにはいられません。
    2017年09月22日 16:06
  • めど立てたい人

    パワハラばa…あれ既視感?いいえ、女職場なら役職持ちは当然女性がなりますね。男社会の反対側(笑)ですからね。

    私は辞める辞める詐欺師の1人ではありますが、いざ辞める前にせめて隠し球(収入口)の一つぐらいは確保しておきたいものですね。


    現実ばかし見ても仕方がないので、仮に辞めることを前提として、年齢や経験などいかなるネガティブな要素もなく転職がしやすい社会だったら、同業他社にいきたいですか?他業種や他職種ですか?

    ちなみに、私は労働なんかいらないから金をくれ(いい意味で)、ですかね。それでもどうしても賃金労働にこだわるなら、他業種や他職種をやりたいと思います。まぁ、想像上ですけどね。
    2017年09月23日 13:53
  • 山嵐

    >めど立てたい人さん
    『ネガティブ要素が無ければ同業他社に行きたいか?』という質問に少々考え込んでしまいました。
    そりゃ可能だったら公務員やパイロットや夢のある職業に就きたいとは思いますが、今からでは現実的に無理ですし現状が自分の生きてきた軌跡の結果なので現実を受け入れないといけないとは思っています。そういう意味でケアマネ資格まで取得したので『乗りかかった船』状態になっています。どんな職業でも構いませんが、生活に困らず『セミリタイア』も可能な状況に持ち込めたら最高です。
    2017年09月23日 19:49