肩書きに弱い日本人と介護業界の闇

悪しきジャパニーズスタンダードのひとつに 「日本人は肩書きに弱い」 ということがあります。 ◆肩書きとは 会社の組織で言えば ・社長 ・専務 ・部長 ・課長 などの肩書きがついていると 「偉いさんなんだ」 という心理が働きます。 職業で言えば ・医者 ・弁護士 ・大学教授 などは高いステータスを感じることでしょう。 私は ・ユニ…

続きを読む

「外国人介護士」を受け入れても人員不足は解決しない

介護現場の人材不足解消のために 「外国人介護士」 を受け入れるという制度があります。 既に受け入れをされている事業所もあると聞きますが、今のところあまりネガティブなイメージや感想はあまり聞きません。 ということは、この制度は ・良いものだった ・成功 ・人材不足に一役買った と言えるのかもしれませんが、私は一抹の不安と懸念を抱いていました。 【参考記事】 …

続きを読む

介護現場の人員不足に「介護助手」「介護補助員」の導入という選択肢

介護現場の人員不足に対する改善策として 『人員不足の事業所の対応を見れば「経営者の無能さ」がわかる』の記事で 【考えつく改善策】 ①人員不足で売り上げた「浮いた利益」は職員へ還元 ②応募がない、退職が続く原因を突き止め改善する ③新規利用者の受け入れをストップする ④1~2ユニット又はフロアを閉鎖し「他のユニットやフロアに職員を集約」して人員不足を解消する という4つを挙げ…

続きを読む

介護業界の闇Comment (0)

「6月までに介護職員7人退職予定」どんな対策を取る?(上)

以前『人員不足の事業所の対応を見れば「経営者の無能さ」がわかる』という記事を書きましたが、暗に私の施設の事を示唆しておりました。 現状で既に人員不足で、 ・日中でも職員2人~3人 ・夜間は完全に職員1人 という綱渡りの配置となっています。 ◆退職者が止まらない 私が知っている情報では 「今後、6月までにあと7人の介護職員が退職予定」 という致命的な状況…

続きを読む

介護施設の「日勤リーダー」「夜勤リーダー」という当番制の謎

介護施設では ・日勤リーダー ・夜勤リーダー と呼ばれる当番制のポストがあります。 『ポスト』と書きましたが、役職でも無ければ出世するわけでもありません。 ◆日勤・夜勤リーダーとは? この場合の『リーダー』とは ・介護リーダー ・ユニットリーダー というポストとは異なり、要は 『日勤・夜勤リーダー』=『日替わり当番』 という存在になります。 …

続きを読む

介護業界の闇Comment (0)

人員不足の事業所の対応を見れば「経営者の無能さ」がわかる

介護業界は人材不足の介護事業所が多く 「人員が足りない」 「新入職員が入ってこない」 「どんどん職員が辞めていく」 「人材が喉から手が出るほど欲しい」 という状況です。 ◆人材が潤っている事業所もある? いくら劣悪な介護業界でも 中には人材が潤っている事業所もあることでしょう。 現在の状況の中で職員が潤っているということは ①職員が辞めていかない …

続きを読む

【介護業界の闇】安易に転職を勧める人間には「注意が必要」な理由は?

これは介護業界に限ったことではないのかもしれませんが 『安易に転職を勧める人間には気をつけましょう』 というお話です。 以前『「何故劣悪な介護業界に居続けるの?」という質問に対する回答』という記事を書きましたが、こういう記事を書くと特によく発生します。 ◆安易に転職を勧める人間とは? 介護業界に当てはめて考えると ・ホワイトな事業所 ・給料が悪くない事業…

続きを読む

【続報】京都府の特養で虐待、改善勧告「1人介助で外傷」介護放棄も

『京都府の特養で虐待、改善勧告「17人の利用者が被害か」骨折も』 の記事で書いたニュースの続報が流れてきました。 ◆ニュース続報概要 特養虐待疑い「1人介助で外傷」 京都、介護放棄も 京都府宮津市由良の特別養護老人ホーム「安寿の里」で、入所者への虐待があったとされる問題について、宮津市議会の全員協議会が20日開かれ、市の幹部が概要を報告した。  昨年12…

続きを読む

「何故劣悪な介護業界に居続けるの?」という質問に対する回答

この『介護施設の真実』ブログを書き続けて はや10ヶ月が経とうとしています。 ブロガーとしては まだまだひよっこの若輩者ですが 介護業界のことを書いていると どうしても内容が ・ネガティブ ・ダークサイド ・パワハラやセクハラ ・環境や待遇の問題点 などの『闇の部分』が多くなってしまいます。 ◆よく聞かれる質問 そうすると、よく言われるのが …

続きを読む

介護記録の書き方「頻度や時間や距離を表す言葉」には数字を使おう

介護職員は度々、利用者の記録を書きます。 最近は紙に手書きする事業所は少なくなってきており、パソコン入力が殆どではないでしょうか。 タブレット等の端末で関係各位に情報が共有できるシステムを取り入れている事業所もあります。 記録や情報を共有する上で、意識したいのが 「頻度や時間や距離を表す言葉には数字を使う」 ということです。 ◆頻度や時間や距離を表す言…

続きを読む

(スポンサーリンク)