労災が続いたので労基署の調査が入り行政指導が行われる

前回『人間関係で悩み苦しみ労基署に相談をしても動いてはくれない』という記事を書きました。 その中で、 『罰則のある労働問題については労基署は動く可能性が高い』 ということを書きましたが労災が発生した時も労基署は動きます。 ◆労災が続くと労基署は動く 労働災害(労災)が発生すると労基署は動きます。 どこの事業所でも労災保険に加入していることと思いますが、…

続きを読む

人間関係で悩み苦しみ労基署に相談をしても動いてはくれない

介護業界だけに留まらず 職場の人間関係や労働環境に問題がある事業所は多数あることでしょう。 『その劣悪さの割合が群を抜いている』 のが介護業界だと言えます。 ◆労基署という存在 各地域に労働基準監督署(労基署)という行政機関が存在します。 その名の通り、 労働問題や労働環境を監督し指導する立場にある機関です。 「労働者の味方」 「労働者の最後…

続きを読む

日本の闇Comment (0)

介護施設のワンオペ夜勤の暗黙の了解「利用者を起こす順番」

ワンオペ夜勤をしている介護施設では、 早出職員が出勤してくるまで1人の職員で約20人の利用者の介護をします。 【参考記事】 『介護施設の夜勤の風景』 ◆朝食時間に全利用者が揃っていて欲しい 朝食は7時から盛り付け・配膳をするので、その時間が早出職員の出勤時間になります。 早出職員が出勤してから起こし始めると、全利用者が揃うのはゆうに8時を越えてしまいま…

続きを読む

介護職員が書類を作成する時間を確保できないので更なる悪循環を招く

介護職員といえども 書類が沢山あります。 ただ介護をしていれば良いというものではなく、 ・利用者のモニタリング(評価) ・ケアチェック(問題点の抽出) ・月次報告書(居宅サービスの場合) などがあります。 ◆月末が忙しい モニタリングや月次報告などは月初にやっても意味がありません。 ・モニタリングは3か月に1回 ・ケアチェックは半年に1回 ・…

続きを読む

介護施設への入職者を確保する前にすべきこと

私の勤務している介護施設は今日も人材不足です。 先日、天下り職員の幹部の一人で 事務長(男性)とマンツーマンで話をする機会がありました。 面談的なお堅い場ではなく世間話の延長ですが 「友達とか知り合いとか誰か働いてくれる人いない?」 という内容でした。 ◆こんな施設に紹介できるわけがない 私は内心 「こんな施設、ましてや介護業界に紹介をするというこ…

続きを読む

車のバッテリーがあがってしまいタクシーで出勤しました

朝、出勤しようと思い車に乗り込み、鍵を回してエンジンを掛けようとしてもウンともスンとも言わずエンジンが掛かりませんでした。 セルも一切回りません。 思い出してみると、車に乗り込む時も、キーレスのリモコンがきかず鍵穴に鍵を刺し込んでドアを開けました。 最初は 「電池切れか?」 「寒すぎて凍っているのか?」 と安易に考えていましたが、 エンジンが掛からないのはさすがに焦…

続きを読む

その他Comment (0)

現役介護職員が教える「良い介護施設の選び方」

今回の記事は ・利用者として ・利用者の家族として 入所や入居する際に介護施設の選び方を、私の独断と偏見でポイントを書いてみたいと思います。 ◆介護施設の種類 『介護施設』と言っても様々な施設形態があります。 ・有料老人ホーム ・住宅型有料老人ホーム ・サービス付き高齢者向け住宅 ・グループホーム ・介護老人保健施設 ・特別養護老人ホーム ・介…

続きを読む

人員不足でツギハギだらけのユニットリーダーは本当に必要?

12月末日で特養の女性ユニットリーダーが寿退社しました。 実際は12月いっぱいは有給消化だったので、出勤は1日もしていません。 【参考記事】 『「俺は送別会をして貰ってねぇぞ!」と叫ぶ元同僚と飲み会』 ◆ユニット型施設はユニットリーダーの配置が必須 法令(省令)の人員配置基準で、 ユニット型介護施設には 『ユニットごとに常勤のユニットリーダーを配置するこ…

続きを読む

インフルエンザA型の施設内集団感染のその後

私の勤務している介護施設で インフルエンザA型が蔓延し、 施設内で集団感染を引き起こしていましたが やっと終息しそうです。 【関連記事】 『インフルエンザA型の施設内感染が止まらない』 『インフルエンザA型の施設内感染が止まらない(2)』 『インフルエンザA型の施設内感染が止まらない(3)【保健所の指導】』 ◆タミフルの予防投与は効果抜群 保健所の指…

続きを読む

介護現場の生の声を批評する不届き者

いつも違和感を感じてしまうことがある。 介護現場での愚痴レベルのものや 不満や不安 悲痛な訴えや リアルな現実に対して 上から目線で批評や批判をする人がいることだ。 百歩譲って 「現場を知らない人」 からの批判や批評は仕方がないことだが、 あたかも 「自分は現場を知っている」 「自分の意見は高尚だ」 と言わんばかりのご意見はどうしても違和感しか感じない。 …

続きを読む

(スポンサーリンク)