介護業界の職員への待遇をわかりやすく解説します

介護業界には負のイメージが付きまといます。 もちろん良い部分、 ポジティブな部分もありますが、 それを打ち消し更に地獄へ突き落すが如く ネガティブな部分が大きくて多く深いのです。 ◆劣悪さがピンと来ない人達 具体的に訴えたり発信しても 既に介護業界にどっぷり浸り 感覚や感情が麻痺してしまっている人には ピンと来ない場合が多く やっている事の異常さや…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

介護現場の惨状を発信することに意味がある

『介護の仕事をしている人は心優しい』 などというセリフを聞くことがあります。 もちろん心優しい人も多くいますが、 『介護職が『向いている人』と『続けられる人』は別問題』 の記事でも述べたように、 『優しい』人は介護の仕事を続けるのが困難な現状です。 【関連記事】 『介護業界には性格が良くて優しい人間などいない』 ◆介護現場の惨状とは 一生懸命、他…

続きを読む

介護職員の闇Comment (0)

75歳以上「老老介護」初の3割超え…同居世帯

『老老介護』が一層深刻化してきているようです。 高齢者が高齢者を介護する「老老介護」が広がる中、要介護者と、同居する介護者の年齢がともに75歳以上の割合は、前回調査(2013年)に比べて1・2ポイント増の30・2%になり、初めて3割を超えて過去最高を更新したことが、厚生労働省が2016年に実施した国民生活基礎調査の結果、明らかになった。  統計を取り始めた01年に比べると11…

続きを読む

介護施設の人事異動は滅茶苦茶

毎年4月には各業界、各職場でも人事異動があります。 そういった異動は本来、出世や昇格であったり 適性を見て適切なセクションに配置したり 会社の為でもあり、本人の為でもあります。 ◆介護施設の人事異動のやり方と目的 介護業界、介護施設にも人事異動があります。 異動というものは正社員ならば 半ば受け入れざるを得ないのですが、 介護施設の異動は滅茶苦茶です。 …

続きを読む

介護支援専門員資格を取得し「独立開業するとどうなるか」わかりやすく解説します

福祉業界の資格で独立開業が可能な資格のひとつに 介護支援専門員(ケアマネ)があります。 ◆ケアマネ資格で開業するには ケアマネ資格は国家資格ではなく あくまで都道府県が認定する公的資格なのですが、 ケアマネ資格を持っていて 運営基準や人員及び設備基準を満たせば 居宅介護支援事業所を開業することが出来ます。 『運営基準』は法律規定に則って適切な運営をすれ…

続きを読む

利用者の大便を拭きながら外線電話を受けるショートステイ

私は現在、ショートステイで働いている。 ショートの利用者は居宅ケアマネがいるので 外部からの外線電話が多く掛かってくる。 一応、相談員という名のパートさんはいるけれど パートさんなので土日だけでなく 平日でも家庭の都合等で公休を取られる。 それはそれでいいのだけれど、 そうなると現場の介護職がピッチを携帯し 介護をしながら外線電話を受けるわけだが、 いつもど…

続きを読む

『ロングショート』という謎のショートステイ利用法

ショートステイとは短期入所生活介護を提供しているサービス事業所のことで、名前の通り『短期間』利用する前提の居宅介護サービスです。 ◆ショートステイの存在意義とロングステイ ショートステイの本来の存在意義は、 ・家族のレスパイト(休息・息抜き) ・家族が冠婚葬祭や旅行に行きたい時 ・家族が体調を崩してしまった時 ・本人(利用者)に外出・外泊の機会を作り他者との交…

続きを読む

介護業界の闇Comment (0)

そうは言ってもやはり介護職のレベルは低いのか

職場の恥さらしになるので あまり言いたくはないのですが、 やはりどうしても気になるので 記事に書きます。 今月の全体会議のあとの施設内研修で 『身体拘束』に関する内容が含まれていました。 ◆身体拘束の要件 介護関係の仕事をされている人は 基本的な知識として ・身体拘束は虐待であり介護現場ではしてはならないこと ・どうしてもやむを得ず身体拘束をする場…

続きを読む

介護現場は上司の機嫌で左右される

介護現場によくある事なのですが、 上司や管理者の機嫌ひとつで指示が変わったり 怒られたりします。 基本的に介護業界において 『褒められる』ということは皆無なので 『怒られる』か『怒られない』かの選択になります。 ◆全ては上司の機嫌次第 何かあった時に指示を仰いだり 結果を報告したりしますが、 機嫌が良い又は普通だと 「ふうん、それでいいんじゃない」…

続きを読む

うつ病は進化していた『新型うつ病』

環境の変化やストレス過多で 精神を病んでしまうと 『うつ病』になってしまう人も少なくありません。 ◆介護現場に多い「うつ病」 介護現場では利用者にもよく見られますが、 職員にもよく見られる精神疾患です。 老人が老人を介護する『老老介護』よりも 鬱病の人が鬱病の人を介護する『鬱鬱介護』が 今後問題となってくるかもしれません。 ◆「新型うつ病…

続きを読む

新型うつ病Comment (0)
(スポンサーリンク)